アスベスト問題について・オレンジ建物解体センター

サイトマップ
解体工事 安さ日本一に挑戦中!!


  アスベストとは

アスベスト(石綿)は、天然の鉱物繊維で、熱、摩擦、酸やアルカリに強く、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。この画期的な特性のため以前は多くの建造物、自動車の摩擦材などに使用されていました。

  何が問題なの?

アスベストは目に見えないほどの細かい繊維であるため、これが凝固している状態ではそれほどの問題はないのですが何かの要因で空気中に飛散した場合この繊維が肺につきささり肺がんや悪性中皮種等様々な病気を引き起こしますことがあります。

  私の家は大丈夫?

アスベストは昭和30年〜50年頃まで大量に輸入されておりますが鉄骨造建築物の柱や梁などに吹き付けられていることが多いため木造住宅に使用されている例は少ないようです。また昭和50年に使用が規制されたためそれ以降は原則的に使用されていません。稀に個人住宅で使用されている場合もありますがコンクリートで固められているなど安全な場合がほとんどです。

  アスベストの現在

以前はアスベスト問題は建設や解体工事従事者など特定の職業の人々を保護する対策等を問題化していましたが現在はその解体工事時の飛沫による環境汚染など社会問題にまで発展しています。
以前から段階を経て法律で規制が強化されてきましたが特に平成17年7月1日の石綿障害予防規則の制定によりニュースなどでも大きく取り上げられるようになったようです。

  もっと詳しく知りたい

詳しく知りたい方は厚生労働省のホームページ
  アスベスト(石綿)情報より情報を得ることができます。

また各自治体のホーヘページにも詳しく取り上げられています。
  (参考 埼玉県のホームページ 上記等のアスベスト情報のリンク先も記載されています。)

  解体工事をご検討中の方はこちらの無料見積フォームをご利用ください。

トップページ/ 解体工事の流れ/ 解体工事実績/ 解体工事お見積もり/ よくある質問/ お客様の声/ その他の工事/
Copyright(C) 2005 解体工事のオレンジ建物解体センター