解体工事豆知識

サイトマップ
解体工事 安さ日本一に挑戦中!!
豆知識



建設リサイクル法とは「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」の通称です。 平成14年5月30日から床面積80平方メートル以上の解体工事の際は発注者による工事の事前(工事着手の7日前まで)の届出や、業者から発注者への事後報告が義務づけられました。
これにより届出業者以外の業者では解体工事の施工は行えなくなりました。
詳しくは国土交通省のリサイクルホームページから参照することができます。
オレンジ建物解体センターでは
当センターにてお客様に代行して届出書の作成を行い、事前に都道府県知事への届出を行います。




マニフェスト(産業廃棄物管理票)とは、産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事等により発生した産業廃棄物が発生現場から各中間処理場を経て最終処分場にたどり着くをまでの流れを 票にまとめたものです。このマニフェストを交付しない場合や記載内容に漏れや虚偽の記載がある場合、保存義務を違反した場合には処罰の対象となります。 ご注意ください。
オレンジ建物解体センターでは
お客様の解体現場で発生した産業廃棄物は適正処理しその流れを様式に沿ったマニフェストとして作成します。 マニフェストは90日までの作成義務がありますが当センターでは解体終了時に即時に作成しご希望のお客様には提出致します。




解体工事を行った場合、建物の登記簿を閉鎖する為に、1ヵ月以内に法務局にて建物滅失登記を行う事が義務づけられています。これを怠った場合10万円以下の過料に処されます。
オレンジ建物解体センターでは
手続きを代行いたします。
解体の終了後、当センターにて建物滅失証明書を作成し、その他必要書類と共にお渡しします。
これを持ってご自分で法務局で手続きをすることも可能です。 ご面倒な場合は当センターにご相談ください。



トップページ/ 解体工事の流れ/ 解体工事実績/ 解体工事お見積もり/ よくある質問/ お客様の声/ その他の工事/
Copyright(C) 2005 解体工事のオレンジ建物解体センター