2012年9月アーカイブ

おーい雲よ......
あの日の雲じゃないだろうけど、
あの日の私でもないんだよ。
あれから......しっかり生きてきたんだよ(母・順子の日記より)

昨日、「すっきり!」を見ていたら、

武澤忠ディレクター(私と同じ年みたいです)が、
被災した福島県の実家の母を
1年間追い続けたドキュメンタリー
『リアル×ワールド ディレクター被災地へ帰る 母と僕の震災365日』「生きてやろうじゃないの!」というう出版物のプロモーションをやっていました。

津波を経験して1年語に彼の母が書いた冒頭の日記の言葉が
とても心に響きました。

それともう一つ心に残ったのは、津波の被害を被った実家を解体するシーンでした。
とても広い土地でしたので養生シートで覆うこともなく解体作業を見ることができます。
「今日はお父さん(なくなりました)が大好きだった茶の間を壊すよ」
といいつつ、遺影を胸に抱え、涙を流しながらながら解体作業を見守っていました。

私の頭の中には解体工事というのは、新婚家庭が古屋を解体して新しい生活を送るための
晴れがましい解体工事みたいなイメージがあったのですが、
このテレビを見ながら、こみあげてくるものを感じました。
解体工事には人それぞれのいろんな思い入れがあるのだなということです。

解体に特別な思い入れがありそうな時にはじっくりお話を伺うのもいいかもしれません。

 

にほんブログ村 住まいブログへ 解体工事なら…    あんしんネット相談室

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • necoです!

ウェブページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Powered by Movable Type 4.14