2009年2月アーカイブ

    6831261.jpgよく解体工事の作業員が着ている「ニッカポッカ」ご存知ですか?
普通の暮らしをしている場合一生身につけることはないと思うのですが、現場ではこの恰好の人が多いです。

どうしてあんなおかしなデザインなんだろうと思ってる人、多いんじゃないでしょうか?

まあ作業着ですから足さばきを良くするためにゆとりを持たせて
足元は邪魔にならないように縛って...とそこまではわかるのですが
あそこまでだぶつかせる必要があるのでしょうか?

その疑問をまたもや社内で聞いてみました。
あの無駄にも思えるデザインには意味があるのだそうです。



(画像:作業服の日興さんより)

足さばきのよさは想像できましたが。
安全性に優れているらしです。高所で作業している場合足さばきのよさも安全性に絡んでは来るのですが

  たとえば外装工事などでのペンキなどの溶剤が直接足にかかるのを防いでくれたり
  高温で作業する場合ズボンの中の空気が保護してくれたりするようです。
  もちろん解体工事の場合、瓦礫から下半身を守るために必要なのですね。

  でも私は絶対、職人のステータスだと思います。勝負服ですね。
  そして昔のツッパリのガクランの長さやそり込みの深さのように
  生地の多さを競い合いあの形になったと思ってます?

ところで、当社、女性社員のSさん。「ニッカポッカ萌え~」らしいのです。
それが原因でこの仕事をしているのではないのでしょうが
どうりで独身の彼女、付き合う人も結構ニッカポッカ系です。
私はニッカポッカでは萌えませんがニッカポッカはいた若い人にイケメンが多いのは
事実かもと思います。今度確認してみてください。

記事が長くなってしまいました。
そのうちに「タートルネックの謎(笑)」にも迫ってみたいと思います。

 

にほんブログ村 住まいブログへ 解体工事なら…    あんしんネット相談室

s-20090214093902.jpgAAA建物解体センターではエコな解体工事をこころがけています。

ところで自分でやっているエコなことはなんですか?
necoは結構エコというよりエゴな人間なので今まであんまり環境保護とかは
考えずに暮らしてきました。でもこのブログを書くにあたり少しずつ意識が芽生えてきました。
コマーシャルでよく耳にするエコミーハーでは
ありますが少しずつの心がけを大切にしたいと思っています。

そしてもうひとつ環境保護について考えさせられたことがあります。
それは地球温暖化についてです。
necoはスキーが大好きでよくスキー場に出かけます。
先日20年ぶりに野沢温泉に行ってまいりました。
パウダーを期待していたのですが2月の初めだというのにもう雪が湿ってきていて
二日目は滑るのを断念しました。

あの新潟地震の年はあいにくの豪雪だった記憶もあり年によって違うのだとは思いますが麓の食堂の二階に付いていた出入り口を見てハッとしました。昔は二階から出入りするほどの雪が降っていたのでしょう。あそこから出入りする年はなかなか来ないような気がします。
雪不足のせいで閉鎖されるスキー場も出てくるかもしれません。

解体業者としてのエコ活動、そしてスキーヤーとしてのエコ活動を地道に始めたいと思いました。

 二月はじめだというのにほとんど雪のない野沢温泉街の画像を載せておきます。


 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ 解体工事なら…    あんしんネット相談室

解体といってもこちらはマグロの解体。

年末、築地市場の外国人観光客のマナーの悪さが相当話題になってましたが、
正月明けから再開されたみたいでしたね。
邪魔な観光客を受け入れて何のメリットがあるのでしょうか?入場料を相当取っているのでしょうか。
調べてみたけどツアー料金は6500円~15000円位で結構高いけどこれが築地にバックされているのかなー。

というわけで今、話題の「ハイスクール・ミュージカル」のPRに日本に訪れたザック・エフロンも築地に
観光に行ったらしいんでです。そして自分の手で「KAITAI」を行ったと言ってました。たぶんこの日本語は「SUSI」「GEISYA」の様に共通語になるかもしれません。
ビルの解体の方がmore exciting!!!だと思うのですが。こっちの解体はアメリカの方が本場で
ダイナマイトとかでやっちゃうからmost exciting でしょう。

とりあえず外国人が解体と言ってたことが興味深かったので記事にしてみました。

ちなみにハイスクールが遠い昔のことになってしまったnecoにとってはザック・エフロンとアシュトン・カッチャーが同じに見えてしまいます。
そして「ハイスクール・ミュージカル」より「マンマミーア」を見に行きたいrと思っていることは言うまでもありません。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ 解体工事なら…    あんしんネット相談室

先日、ミッドタウン内のリッツカールトンの45Fでランチをする機会がありました。

その時の眺めがこれです。

s-20090127132546.jpg

どう思います?レインボーブリッジが見えたり、東京タワーが見えたり、遠くにはフジテレビらしきものも見えるけど「うーん...」て感じじゃないですか。同行者はランドマークをいくつも見つけてよろこんでましたが。

なんか古いです。

ミッドタウンから東京タワーまでの間の旧(?)官公庁あたりが老朽化してますね。
画像ではわかりにくいけど解体現場が結構ありました。
その辺が気になっちゃうあたりやっぱり職業病でしょうか?
手前には物議をかもしだしたドンキホーテの建物も見えますね。

ちょうど1か月前にある説明会で違う方向の景色を30F近くから見ることができたのですが
そっちの方がきれいでした。
六本木ヒルズが正面に見える位置です。
私はキラキラした新しい建物が好きみたいです。
昔の建物はただ真四角で私にとってはつまらないのです。
確かに海外に旅行に行ったときなんかも遺跡よりもリゾートホテルの建築様式に
目が行ったりします。

リッツカールトンに泊まる際、お部屋の向きにはご注意下さい。
って高そうだったなぁ。まずnecoは泊まる機会はないと思います。

たぶん夜景の方がきれいでしょうね。解体現場は見えないし、
東京タワーもライトアップされるだろし。
夜景も見たいなぁ(ランチではなくディナーが食べたいよ~という意味です)。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ 解体工事なら…    あんしんネット相談室

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • necoです!

ウェブページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Powered by Movable Type 4.14